アンナエミル
HOME > ルーベンズバーンの遊び方 > 癒しと学びの活用術

癒しと学びの活用術

福祉国家・スウェーデンの人形作家によって創作されたルーベンズバーンは、沈みがちな現代人に癒しを与えたり、お子さまの知育玩具としても取り入れられています。このページで、それらのほんの一例をご紹介します。


知育玩具

知育玩具

「ルーベンズバーン」は、お子さまの知育やあたたかい感情を自然に養います。
着せかえをして遊ぶことによって服の着方を学び、手や脳の訓練を行います。
また「ルーベンズバーン」が人間らしい感情をはぐくむのに一役買った一例をご紹介します。


あたたかく豊かな感情をはぐくむ「ルーベンズバーン」

あたたかく豊かな感情をはぐくむ「ルーベンズバーン」

  • 落ち着きがなく、どんな遊びにもすぐ飽きてしまう男児(3歳)が、「ルーベンズバーン」で遊び、着せかえたり世話をするうちに、自然と集中力がつき、身のまわりのこともすすんでするようになった。
  • 子ども同士の遊びに「ルーベンズバーン」が加わることで、自然と場がなごみ、お互いを思いやるあたたかい感情が生まれてきた。
  • 「ルーベンズバーン」をトイレにも連れていくほど可愛がっている女児(4歳)が、自分から「ルーベンズバーン」の着替えを作りたいと言い出し、今では大人顔負けのデザインや洋裁技術を発揮するようになった。

素朴なぬくもりとやさしい手触りで、自然と人間らしい感情を育てる「ルーベンズバーン」。 お子さまの未知なる可能性とともに、人間にとっていちばん大切なものを呼び覚ましてくれます。


癒しグッズ ルーベンズの子どもたち

癒しグッズ

都会のひとり暮らしでさびしい思いをしている若い女性の間で、「ルーベンズバーン」の人気が高まりつつあります。
周りに気を許せる友だちがいない、ペットを飼いたいけれどマンション住まいなので飼えない、仕事が忙しく毎日が会社と家の往復になっているなど、現代特有のストレスを抱えている若い女性が増えています。
「ルーベンズバーン」の不思議な癒しのチカラは、このようなストレスにも作用。「ルーベンズバーン」を部屋に飾ったり、着せかえたり世話をしたりして可愛がるうちに、生活にハリが出て、癒しの効果が期待できます。


ドールセラピー

ドールセラピー

「ルーベンズバーン」は、その愛らしさから、ご年輩の方にもかわいがっていただいております。
また、過去の懐かしい感情を呼び起こし、こころを元気にするのに役立つ、というお話も伺います。
ここに「ルーベンズバーン」の存在がポジティブに作用した一例をご紹介します。


ドールセラピーにも役立つ「ルーベンズバーン」

  • 誰とも話さなくなった年輩の女性が、「ルーベンズバーン」にだけは話しかけ、孫のようにかわいがるようになった。
  • 子どもや孫と遠く離れて暮らしている年輩の女性が、「ルーベンズバーン」を孫同様にかわいがり、まわりの人にまるで本当の孫がそばにいるような感覚で話すようになった。

そばに置き、かかわっていくことで、こころの平安を取り戻し、やさしい気持ちになれる「ルーベンズバーン」。
このような報告を受けるたび、「ルーベンズバーン」の持つ不思議なチカラを感じます。

スウェーデン生まれの創作人形をお届けする「 」。